建築士事務所の特徴と依頼するべきリフォーム工事

ここ最近、リフォーム工事依頼が増えていて評判がいいのが建築士事務所です。

建築士事務所というと、普通は一般人が直接依頼しないというイメージがありますよね。新築で建てるにしても工務店を通して依頼する形が一般的。

でも、住宅会社(ハウスメーカー)や地元の建設会社にリフォーム工事を依頼しても、工事内容によっては建築士さんの設計が必須になります。

だったら、最初から建築士に依頼してリフォーム工事してしまえばいいのでは?というのが、リフォーム工事における建築士事務所です。

デザイン以外に、機能性(採光・通気・スペース制限…etc)と大規模工事には建築士事務所を通したほうが安く、かつ失敗しない確率がグンと上がります

建築士事務所はリフォーム設計だけじゃない!ここがポイント!

建築士事務所に依頼した場合、当たり前だが建築士さん自身が施工工事するわけじゃありません。ペンや定規、PCによるCADなどは扱っても、トンカチに釘は持ちません。

設計だけしているイメージが強いですが、実はリフォーム工事では別の効果を発揮します。

リフォーム工事で重要なのは、どの業者に依頼して工事してもらうか?ですよね。これが素人には判別がつきづらく、あまり相性が良くない業者と契約して後でトラブルになるとか……

でも建築士なら、自分が設計したリフォーム内容に必要な工法や技術を当然熟知しています。それができる建設会社や工務店なども、当然一般素人より的確に探せます。当たり前ですが、業者に足元を見られることもありません。だから工事費用をふっかけられるリスクも排除できます。

建築士が適切な業者を選別して見積もりをかける。それによって依頼するべき業者を選定する。

素人が選定するのではなく、建築士が設計したものを実現できる業者を依頼するので、よりハズレが起きにくいメリットがあります。

建築士事務所に依頼するべきリフォーム工事内容

簡単に言うと、設計が必要なリフォーム工事全般です。

だからトイレやお風呂などの設備交換、内装や屋根、外壁だけのリフォーム工事に建築士事務所はお門違いです。

設計が必要なリフォーム工事というと、

  • 二世帯住宅化
  • 住居↔店舗の業態変更
  • 増築
  • 大幅な間取り変更
  • 断熱(断熱材を入れるだけではない設計上の)・採光性アップ・通気性改善
  • 耐震化

などなど、ただ綺麗にするだけのリフォーム工事ではなく、どこかしら内部を大きく変えてしまう場合に依頼するべきです。

これらを住宅会社(ハウスメーカー)、地元の建設会社、工務店に依頼しても、必ず設計が必要になります。

断熱や採光性、通気性に至っては、ただ断熱材を入れたり空気や光の通り道を確保するだけなら設計は大して難しくありません。でもこの分野もピンキリで、本当によく考えられた設計だと、かなり暑い寒い地域でも暖房費に影響が出るくらいの仕上がりになります。

これは建築士の中でも専門分野があるので、その分野の人を通さないと実現しません。

結局は、設計が必要になる規模のリフォーム工事の場合、どこに頼んでも設計士、建築士が活躍しています。だったら、最初から建築士に依頼するというのが理にかなっています。

特にこだわり、譲れない条件があるリフォーム工事内容なら建築士事務所に依頼するのがベストです。

何でもかんでも建築士事務所へのリフォーム依頼はダメ

最近は建築士事務所へのリフォーム依頼が増えていますが、だからといって気軽に依頼するものでもありません。

というのは、建築士は設計すること自体が仕事であり価値があります。ですから、他のリフォーム専門業者のように気軽に見積もりしづらいところがあります。

見積もり自体はいいのですが、自分のぼんやりした理想、仕上がり結果を伝えて、その工事計画や設計を見てから依頼するかどうか決める……というのがほぼできないのです。

なぜなら、設計することがもう仕事だからです。それに対価を支払うレベルになるからです。

なので建築士事務所に実際のリフォーム工事計画を作ってもらうには、正式な本契約を結んでからになりがち。簡単なプランまでは作ってもらえることはありますが、契約を決めるまでの内容として判断できるかどうかは分かりませんよね。

だからこそ、何でもかんでも建築士事務所に見積もり依頼をかけるというのは間違いです。

住宅会社(ハウスメーカー)や地元の建設会社、工務店だと、とりあえずプラン提示まで無料でやってくれることは多いです。でもこれは、システマチックにできる部分があるから、建築士が直に設計するよりシンプルで時間がかかっていない(セミオーダー的な感じ)だから可能な話です。

建築士個人に依頼すると、それまでのパターンや型に当てはめるのではなく、その依頼者の家そのものを落とし込んで設計士ます。いわゆるフルオーダー。フルオーダーの服をとりあえずデザインだけおこして、と依頼ができないのと同じです。

だからこそ、こだわりや譲れない部分、大企業のプランや完成イメージではピンとこない要な場合にこそ依頼を検討するべきです。

建築士事務所が悪徳リフォーム工事トラブルを予防する

リフォーム工事をどこに依頼するべきなのか?という悩みは多いです。

その理由は、

  • 希望通りの仕上がりになるのか?
  • もし問題があった場合は直してもらえるのか?
  • 手抜き工事になっていないのか?
  • 見積価格が高すぎないだろうか?

といった不安ですよね。

リフォーム工事でのこういったトラブル、特に手抜き工事や仕様違いを防ぐには、依頼主が現場に顔を出すというのが有効です。でも屋根工事なんかは屋根に登らないと施工状態は見えませんし、そもそも素人が見ても良し悪しが分かりません。

高齢だったり仕事が忙しくて現場に行けない、女性で工事関係は苦手で分からないということなら、費用はかかりますが建築士事務所に「監査・監理」の仕事を依頼することもできます。

いわば監督役ですね。

複数工程が絡むリフォーム工事の場合、必ず現場監督がいます。現場監督とまでいかなくても、誰かしら工程スケジュールなど職人をコントロールする立場の人がいます。

この人が本来は全てやるべきなのですが、当然依頼先の業者内の人間なので、いい加減な業者だと現場監督の人もいい加減になりがち。

本来はそういう人じゃなくても、気の緩みでミスを見逃してしまったり気づかないことはあります。

これを第三者の立場で監視して、見積もりどおり、計画通りの工事結果を導くのが監査・監理の仕事です。

建築士なら、この工事内容で使うべき部材の厚みではない、薄すぎるといった隠れたコストカットに気づいたり、本来取るべき工法ではなくて手間がかからない工法を選択しているなどに気づける可能性が高くなります。

こういった監査・監理は建築士事務所にしか頼めないため、リフォーム工事特有のトラブルを避けたい人には、工事依頼ではなく監査・監理の依頼も検討価値があります。