工務店の特徴と依頼するべきリフォーム工事

家の工事を依頼するというと、昔は工務店が一番メジャーな存在。最近はネットの影響などで非工務店に依頼することが増えていますが、実際に工事をしているのは工務店の人ということが多いです。

ここでの工務店はこじんまりした地元の工務店のこと。竹中工務店は工務店ではないですよ。あれはゼネコンで建築業界のトップで巨大企業ですから。

工務店に直接リフォーム工事を依頼するのは、価格面と仕上がりの良さでかなりバランスが取れています。でも安易に依頼すると痛い目を見ることもあるので、ある意味上級者向けの依頼先とも言えます。職人かたぎの人とうまく意思疎通ができる人なら間違いなく正解の依頼先です。

意外!工務店は何でも屋さんではない

勘違いしている人が多いのですが、1つの工務店の人間が全ての工事をやれるわけではありません。

一般的には大工さんが社長となって独立してできたお店です。基本的に木を切って加工してという木工事がメイン。だから水道工事や電気工事は専門外になることがほとんどです。

でも家全体のリフォーム工事を依頼しても綺麗に仕上げてくれます。どうしているかというと、大工工事以外の専門外は別の専門工事業者に依頼、下請けを出しています。

これは何も手抜きとかではなくて、どこの工務店でも同じです。

工務店に依頼するべきリフォーム工事内容

基本的に木造一戸建てのリフォームが得意です。普段から新築などで頻繁に経験を積んでいます。

内装、外装、屋根、壁、床、天井などの、建物に密着しているもののリフォームです。ドアや押入れなどの建具類も大工さんのお得意分野。

マンションでも内装に関することなら工務店は得意です。マンション独特の事情が絡まない限りは木造と同じです。

全般的なリフォーム工事も得意です。木工事以外は下請けに出すことが多いですが、普段から組んでいるメンバーで仕事をするので、リフォームショップのチェーン店下請けのように、どんな下請け業者が来るか分からないということはありません。だから現場での仕事もスムーズ。グダグダになって工期が伸びたり、仕上がりに影響が出るというリスクは低いです。

家だけじゃなくて庭のリフォーム、屋上緑化などの熱対策工事も依頼できます。ドアや部屋の壁新設や取り払い、断熱工事、吹き抜けなど家の内部のことなら基本的に何でも依頼して問題はないですね。工務店の質さえ良ければ、基本的に依頼して損するケースは少ないでしょう。

工務店のリフォーム工事は質が高い割に安く付く

建築士事務所や住宅会社(ハウスメーカー)に頼もうが、実際に工事をするのは工務店や専門工事業者です。

工務店はある意味一番工事に慣れている存在なので、そこに直に頼むことでコストが抑えられます。

腕のいい工務店なら、直接頼むことで中間マージンが省けるため、仕事の質の割に安く仕上げることができます。

また工務店独自の工事スタイルや表現、強みなどの個性があるのも魅力です。

住宅会社(ハウスメーカー)は大手ならではの最新設備や工法などが魅力ですが、建売住宅みたいに似た感じで仕上がりがちなのは事実。

でも工務店はそれぞれのポリシーを持っていることがあり、各特徴で工務店探しをすることで自分だけの個性的で住みやすい家を手に入れることも可能です。

例えば

  • 木材は無垢にこだわっている
  • ハウスシック対策など子どものための家造り
  • 建築士が経営するからこそのリーズナブルで頑丈・安心な設計
  • 音楽好きの社長だからこその防音施工

などなど、工務店の個性を全面に押し出しているところも多いです。その割にリーズナブルにリフォーム工事できるため、理想がある場合は工務店から探すのがいいでしょう。

工務店に依頼するべきではないリフォーム工事内容

建設会社と工務店の違いが分かりにくいですよね。ランクとしては建設会社が上に位置しますが、言うほど大きな差はありません。

はっきりとした差は、まず工務店に設計士・建築士がいることは少ないということです。

だから設計が絡むリフォーム工事は工務店には不向きです。二世帯住宅化や間取りの大幅な変更などです。全く依頼できないわけではありませんが、建築士さんにアウトソーシングすることになるので、それなら建設会社や建築士さんを通して依頼したほうが安く付きます。

稀に一級建築士自体が社長の工務店もあります。ただ新築メインでやっていることが目立つので、リフォーム工事を受け付けているかはその工務店次第。

工務店のリフォーム工事は「職人」との意思疎通が重要

工務店の人間は「職人」であって営業マンではありません。そのためお客様対応が苦手な職人気質も多いです。

規模が大きな工務店だと窓口担当もいますが、だいたいは社長=職人が対応します。

リフォーム工事を住宅会社に頼む感覚で工務店に依頼すると、ぶっきらぼうな印象を受けたり、サービスが悪いと感じることもあるでしょう。依頼する側も相手は職人であるという点を頭においておくとやり取りがスムーズになります。

なるべくこちらの要望をしっかり聞いてくれるところに依頼をしたい場合、職人との相性問題が出てきます。相性が合えばストレスなくいい工事仕上がりが期待できますが、そうじゃない場合、お任せコースでは職人の癖が出るので注意したいところ。

でも昔と違って、今はかなりお客様目線にたった利用しやすい工務店が増えています。一緒にいい家にしましょう!と頑張ってくれるところに当たるといい結果になりますし、依頼者と工務店の間の信頼関係ができて非常に気持ちいい気分になりますね。

建設会社に依頼する場合、ここが営業担当者が相手になるので意思疎通がやりやすいという違いがあります。

工務店に依頼する場合はネットの情報を元に要望を出しすぎないこと

工務店によりけりですが、素人の立場であれこれ指示、要望を出すと機嫌を損ねる職人もいます。

これは医者でも同じです。最近のお医者さんが愚痴をこぼすのは、患者さんがネットで調べてきた情報を信じ込んでしまい、こちらの話を聞いてくれないということ。これと全く同じことが工務店にリフォーム工事を依頼するときに起きています。

理想のリフォーム結果はみなさん持っているでしょうが、ネットの情報は全ての家に可能な話とは限りません。また、壁や床の下地状態だけでも工事費用は変わります。水道の配管工事も難航するケースが多いです。

こういったケースを省いて50万円でできた!とネットで書かれているだけで、実際には100万円かかって当然という工事事例も山程あります。

ネットでこう書いていたからできるはずだとか、金額が高すぎる、ここは不要だからもっと省略して!といった要望は、場合によっては職人のプライドを傷つけることになりかねます。

工務店を上手に使うには、工務店に惚れ込むことが必要です。技術的なことなどはプロ、この人に任せるという信頼感、期待ができる工務店を見つけるのがコツです。