大手住宅会社(ハウスメーカー)の特徴と依頼するべきリフォーム工事

リフォームのチラシや博覧会(何か粗品がもらえる)でお馴染みの有名企業です。

大和ハウス、タマホーム、積水ハウス、ヘーベルハウス、住友林業、ミサワホーム、三井ホームなどなど……

ネームバリューがあるため、リフォームするなら住宅会社(ハウスメーカー)に見積もり依頼というパターンの人が結構多いですね。

ただ費用がバカ高いという声も多くあります。これで敬遠する人も多いのですが、大手住宅会社(ハウスメーカー)には他にないメリットがあり、工事内容によっては依頼価値が跳ね上がりますよ

住宅会社(ハウスメーカー)のリフォーム代が異常に高い理由

単純に言って、まずリフォーム価格が相当高いです。これは間違いありません。

ただ高いのには理由があります。

工事種類によっては、地元建設会社や工務店の2倍以上の費用が見積もられます。

この高額な見積もり工事費は、リフォーム対象となる家に直接反映される種類ではありません。

職人の給料・日当でもありませんし、使用される部材や設備が最高級なわけでもありません。

ではこの高さは何か?というと、工事に直接関わる部分以外の費用です。主に住宅会社の人件費、広告費、モデルルームといった部分の費用が乗っかっています。

そんな費用をなぜ依頼者が負担しなくちゃならないんだ?と思うでしょうが、ここの費用負担があるからこそ、建設会社や工務店、建築士直接依頼、リフォームショップなどにはないメリットがあるのです。

住宅会社の高い見積価格のメリットは「楽」+「リスク回避」

住宅会社(ハウスメーカー)にリフォーム依頼する最大のメリットは、とにかく楽で、理想通りのリフォーム結果になりやすいという点です。つまり失敗を防ぎやすいのがメリット。

もし地元の工務店に、住宅会社(ハウスメーカー)と同じ内容のリフォーム工事を依頼した場合、使用する設備の選定や相談、設計内容の相談と打ち合わせ、契約内容を詰めていくなどの作業は、基本的に工務店側の一人の担当者と進めていくことになります。

でも住宅会社だと大企業なので、各部門の部署担当者が担当します。

設備をどうするか?という段階なら、営業マンがショールームに連れて行ってくれたり、他の家庭の事例ではなど提案を多く受けられます。やはり大企業なりの教育が行き届いているので、豊富な事例による提案量に関しては他業者を圧倒します。

重要な設計段階になれば設計部門の担当者にバトンタッチします。設計について不慣れな人間が相手になるわけではなく、基本的に疑問点を次々と潰しつつ話が進んでいくので、理想通りのリフォーム結果を手に入れやすくなります。

これが工務店になると工務店の社長や担当者の腕や相性次第になります。またこの工事にかかるまでの準備段階でかなり疲れます。これで伝わっているだろうか?という疑心暗鬼になることも。疲れてくると正確な判断ができなくなってきて、「これでいいです」というGOサインで進んだ工事が、後になって失敗したと後悔を生みやすくなります。

リフォーム工事なんて一生で一回あるかないかでしょう。慣れていない部分を住宅会社(ハウスメーカー)が補ってくれるというメリットと、失敗しにくいというリスク回避。これを考えるとそうそうバカ高い工事費用とも言いづらいのです。

住宅会社(ハウスメーカー)に依頼するべきリフォーム工事内容

基本的にどんなリフォーム工事でも受け付けてくれます。

二世帯住宅化から増築、屋根から外壁を含めた全面リフォーム。バリアフリー化から、専門知識が必要な通気性改善、自然素材を使ったアレルギー対策などなど。

極端な話、お金に余裕があって糸目をつけないなら住宅会社(ハウスメーカー)に依頼しておけばいいとも言えます。

あとは総工事金額次第です。

最初に、住宅会社(ハウスメーカー)の高額なリフォーム代の内訳について解説しました。直接、リフォーム対象の家に関わる費用ではないと。

この部分の費用に関しては総工事金額によって比例しません。工事全体の金額が大きくなればなるほど、人件費等の費用が占める割合は薄くなります。

だから高額なリフォーム工事であればあるほど、他のリフォーム業者との実質的な価格差は縮まり、住宅会社(ハウスメーカー)ならではのメリットが活きてきます。

具体的には木造一戸建てなら1000万円以上。マンションなら800万円以上が目安です。

大規模リフォームになるほどアフターケアが安心

住宅会社(ハウスメーカー)にリフォーム工事を依頼するメリットは、工事完成後のアフターケアにも現れます。

よくある仕上がりの不満や、しばらく経ってからの工事不備。いわゆるクレームですが、リフォーム業界はこのクレーム対応でのトラブルがかなり多いです。

  • クレームに対応してくれない
  • 受付はするけど追加工事扱いで費用がかかった
  • リフォーム依頼した業者に言ったら下請けの業者にたらい回し

などなど、いろいろトラブルが起きています。

これはリフォーム工事が複雑になればなるほど発生しやすくなります。複数の職人、専門工事業者が入り乱れて1つの完成形を作るため、責任の所在が曖昧になったりなすりつけ合いになるからです。

リフォーム工事というのは、部分リフォーム以外は元請け業者が現場監督を派遣し、現場監督がオーケストラでタクトを振るようにコントロールしなくてはなりません。これは一見簡単なようで実に難しい仕事です。

工務店や建設会社もそこそこの規模のリフォームができますが、業者のレベルによって現場管理の仕方にかなり差が出ます。

現場管理がしっかりしているほど、まず仕上がり面の不備や施工違いといったクレーム発生率が大幅に下がります。仮にクレーム対象が発生しても、現場管理がしっかりしているので責任の所在が明確になります。

住宅会社(ハウスメーカー)がある意味業界のトップに位置するため、トップダウンで下請け業者に修正依頼をかけることができます。

もちろん、クレーム内容がズレている(ただのクレーマー)なら住宅会社(ハウスメーカー)でも受け付けてはくれません。でも話は聞いてくれるでしょう。

また、工務店や地元の小さな建設会社では、クレームに対する対応方針がまちまちです。ウチはちゃんとやっていると話を聞くことさえままならないということもあるでしょう。やはり高い価格には安心料というのが含まれているわけですね。

住宅会社(ハウスメーカー)に依頼するべきではないリフォーム工事内容

何でもやってくれる住宅会社(ハウスメーカー)ですが、やはり費用が高いというのが問題。

だから工事単価が低いリフォームは割高感が増します。少なくとも、街の駅前リフォームショップで済むようなリフォーム工事は依頼するべきではありません。例えばトイレやシステムキッチン、壁紙などの設備交換リフォームです。

ある程度の規模になりそうなリフォーム内容なら、相見積もりで工務店や地元の建設会社と比較してみるといいでしょう。