専門工事業者の特徴と依頼するべきリフォーム工事

専門工事業者は、リフォーム工事で必要となる、各工事種別を専門に請け負う業者です。例えば水道や電気、内装、屋根や足場など。

住宅会社(ハウスメーカー)、建設会社、工務店にリフォーム工事を依頼しても、実際にはこのような専門工事業者が複数出入りして施工しています。

だから直に依頼していなくても、実はどこかでお世話になっているのが専門工事業者というわけ。

今までは下請け業者に直接依頼できなかったのですが、最近はこういった専門工事業者がネットなどで直にリフォーム工事を受け付けています。

対象となる専門工事の単発リフォームなら、これほど価格と仕上がりで期待できる業者種類はありませんよ

専門工事業者の特徴はプロフェッショナルで安く付くこと

専門工事業者にリフォーム工事を依頼するというのは、昔だとあまりありませんでした。せいぜい知り合いや親戚がやっているから依頼したとかです。

水道の水漏れなどでは依頼することがあっても、お風呂のリフォームで水道工事業者に依頼するという人は少ないですね。

でも最近は販路拡大で、専門工事業者がリフォームを積極的に受け付けています。

お風呂専門リフォームやってます!という、一見リフォームショップのような雰囲気のネット広告でも、中身は水道屋ということが多いです。

本来は建設会社や工務店から下請けで受注しているけど、自社でも直接受注して稼いでいます。

一般的に見積もりを比較したら専門工事業者が一番安くなります。なぜなら最終工事業者に直接依頼しているので中間マージンがないからです。

でも工事レベルは専門工事業者なので間違いがありません。品質と価格のバランスが一番取れているのはこの種類の業者と言えますね。

専門工事業者に依頼するべきリフォーム工事内容

とにかく「単体」のリフォーム工事です。どこに依頼しても、結局はどこかの専門工事業者が施工するのですから、複数や全面リフォーム以外の専門工事なら依頼して損はないでしょう。

  • トイレやキッチン、洗面化粧台、お風呂のなどの水回り(水道工事)
  • 床や壁・天井など(内装)
  • 屋根や外壁(これも専門業者がいます)
  • 木工事(建具や壁、柱、ドアなど。これは大工工事で工務店)
  • IHやオール電化(電気工事。ただオール電化は規模次第)

トイレやお風呂、洗面化粧台、キッチンなどのリフォーム工事の場合、メインは取り付けと水道工事になりますが、床や壁などは水道工事の専門外です。この場合は同じく下請けや普段仲良くやっている内装業者などに手伝ってもらうことになるりますが、それでも元請けが専門工事業者なのでコスト高要因にはならないです。

また工事をする側の専門工事業者も、下請けじゃなくて直接の指名なので工事にも気合が入ります。下請けの場合は安い価格で無理に受けることも多くあります。やはり実入りがいい直接依頼のほうがやる気が出るのは当然ですよね。

手抜き工事が最近目立つ屋根の張替えや塗装工事。これも工程が一種類なので専門工事業者に頼むのは理にかなっています。

専門工事業ならでは!難工事でもスムーズに仕上げてくれる

専門工事業者に頼むリフォーム工事で多い水回り工事。

水回りは水道の配管工事が重要となります。いざ工事をしてみたらイレギュラーで難工事になることもありますが、専門工事業者なのでこの当たりの対応はうまいです。

仮にこれが工務店や建設会社などから下請けを受けた業者の場合、下請けで受けた工事費用じゃ割に合わなくなります。追加工事費用が発生したり、手抜き工事ということもありえます。

専門工事業者に依頼してもイレギュラーになると追加工事費が発生しますが、連絡不行き届きの追加工事というのは発生しにくいです。

また、専門工事業者の水道工事屋に直接依頼することで、最もイレギュラーが発生しやすい水道周りの追加工事可能性が事前に分かるります。これが下請けだと、元請けがちゃんと伝えておらず、普通の工事でしか想定されておらず現場でトラブルになるということがありえます。

後で元請けの建設会社や工務店にクレームを入れると、いやこちらはちゃんと支持しているから問題なし。もしクレームを入れるなら下請けの業者に言ってくれなどたらい回しにあるトラブル事例もあります。

その点で専門工事業者は現場慣れしているのと、直接的に工事内容を把握しているため、このようなたらい回しに合う可能性は低いですね。

豊富な経験による設備アドバイスもある

最近はリフォームショップとして営業している専門工事業者もあります。一般消費者向けに水回りや内装などの専門リフォームショップを立ち上げているケースです。

一見、安さを売りにしたように見えますが、中身は専門工事業者ということが結構あります。

数多くの現場を経験しているため、使用する素材や設備のアドバイスやメリット、デメリットなどを的確に指摘してもらえることがあります。

「あのメーカーの型番◯◯は人気だけど、こういう設置場所だと使いづらいから実は不評なんですよ」

といったように、いくつもの「現場」で見てきた経験を元に、設備や素材の選択をより失敗なくお超えます。

これが下請け業者だと直接話しがしにくくて、希望の行き違いが発生しやすくなります。

専門工事業者に依頼するべきではないリフォーム工事内容

専門工事業者はとにかく専門1種類なので、複数の工事種類が絡むような全面リフォーム、全面でなくてもある程度の範囲になると苦手というか、そもそも受注しません。

トイレならトイレ。風呂なら風呂など、その単発の部分リフォームで依頼するのがベスト。

風呂、トイレ、キッチン、洗面化粧台などの水回りなど一気に変える場合、だいたい床や壁などもリフォームすることが多いです。複数に渡って一気にやる場合、大事なのは現場監督の監理です。

複数の専門工事業者が入り乱れる形になり、計画的に工事を勧めないと二度手間や仕上げミスが頻発します。よくあるのが、まだ触っちゃいけないところを別専門工事業者が邪魔だと勝手に壊してしまって(どうせ後で直すのだからと)、送れて現場入りしたその専門工事業者が「なんじゃこれはー!?」となって追加工事費用発生などぐちゃぐちゃになることもあります。

追加工事費用が発生しなくても仕上げ工事が綺麗に仕上がらないということもあります。

工務店や建設会社などに依頼するより、専門工事業者に複数依頼したほうが安く仕上がりますが、もしそれを実現するなら工期をかなり長く見て、各専門工事業者が同時に入らないようにしないといけません。もちろん二度手間、二重の経費が発生するので、結果的にコストが高くなり損をします。

専門工事業者への直接依頼は、単発リフォームというのがベストです。

専門工事業者とリフォームショップのどちらに依頼するべきか?

専門工事業者と似ているのが駅前やネットで格安お手軽を売りにしたリフォームショップです。

ただリフォームショップと言ってもピンきりが激しくて、本当に安さを売りにしたところと、中身は専門工事業者というところまで分かれます。

専門工事業者のほうが工事の腕がいいとは限りません。例えばトイレの壁紙程度だったら、部屋の形がシンプルなら専門工事業者にしてもらっても大きな差は生まれません。

専門工事業者の良さが生きるのは、格安リフォームショップで追加工事費用(オプション)が発生するような工事内容です。

トイレなら水道の配管工事が必要なら、リフォームショップでも可能ですが総合的に専門工事業者のほうが綺麗に仕上がってトラブルも少ないです。特にマンションに設置するキッチンなどの水回り配管工事は、マンションの床構造に左右されたり、配管接続の甘さから水漏れ事故などが不安です。階下に水漏れすると後が大変なので、ここは工事費用の安さだけで選ぶべきではない工事です。特に水回り位置を少しでも帰る場合は専門工事業者のほうが安心です。

同時に行われる床や壁の張替え補修でも、イレギュラーな工事後でも綺麗に貼って仕上げてくれます。この当たりは専門工事業者としてのプライドも見えますね。工事費用が安いだけのリフォームショップだと、この当たりの仕上げが雑でクレーム対象になっているのをよく聞きます。

後は規模と複雑さによりけり。

壁紙の張替えでも部屋の形やコンセントの数なんかで仕上げ具合が結構違います。角や曲線などの加工部分が多いと仕事の丁寧さがモロに出ます。安さだけのところは、コンセント周りの壁紙サイズが合っていなかったり、工事完了後1週間で端がめくれてきたりというトラブルも。

塗り壁に関しても左官業の分野なので、これは職人の腕の差が相当出ます。珪藻土や漆喰仕上げなら専門工事業者から選ぶべきですね。